敷金、礼金がいらない。

負担が大きい敷金・礼金

賃貸住宅を利用するにあたっては、家賃をはじめとした様々な諸費用がかかりますが、その中でも忘れてはならないのが敷金や礼金といった初期費用です。これらを必要とする物件は多く、引越しや新しい生活の準備で何かと出費がかさむ中、負担を大きく感じることも多いです。
特に一人暮らしや学生生活、新社会人生活を始める人にとっては、少しでもこの費用は抑えたいものでしょう。大家さんに値引きを交渉する、ということも考えられますが必ず応じてもらえるとも限らないうえ、敷金の場合は原状回復の資金ともなるため、なかなか難しいことが多いのです。
そこで、これらの敷金や礼金が最初からゼロで、気軽に借りられる物件を探すことを考えましょう。

敷金・礼金ゼロで安心、お手軽なマンスリーマンション

ここでおすすめしたいのは、マンスリーマンションです。マンスリーマンションは、通常の物件の契約年数が2年となっているところが多い中、月単位という短期間から借りることが可能になっています。こうした物件では、敷金、礼金が不要となっており余計な費用をかけることなく入居できるため、大変便利です。浮いた費用を生活資金に回すなど、新生活も余裕をもって始めることができるのがうれしいところと言えるでしょう。
礼金という制度は、もともとは住宅難の時代に大家さんに部屋を貸してもらうお礼に支払うお金でしたが、今日ではすでに形骸化しています。また敷金に関しても、その返金をめぐってトラブルになるケースもあるなど、不透明な点が指摘され始めています。マンスリーマンションを利用すればこうした事態も回避できるため、安心して生活をスタートさせることができるでしょう。